データの容量

大容量データを活用するために

コンピュータで扱うデータ容量は、最近になるほど飛躍的な増大を続けています。これに伴ってデータストレージの必要も増えており、TB単位の大容量高速HDDが次々に商品化されています。その一方で、HDDへのランダムアクセスにかかる時間は、容量ほど加速度的には改善されていません。ディスクを回転させて読み込み・書き込みを行なうという方式には物理的な限界があり、容量が大きくなればなるほど、シークタイムが問題になってきます。オールフラッシュストレージは、このような問題を一気に解決する方法のひとつです。物理的な駆動が不要なので、スピード性能は圧倒的に向上します。ビッグデータの活用を可能にする手段として、オールフラッシュストレージが注目されています。

耐久性とコストの改善

現時点ではオールフラッシュストレージにも幾つかの問題点があります。ひとつはフラッシュが消耗するという点です。そのためHDDに比べると、記憶媒体としては寿命が短いとされています。しかし技術の向上により、信頼性や耐久性の高いフラッシュメモリが開発されつつあります。もうひとつはオールフラッシュストレージが高価であるという点です。供給が必ずしも需要に追いついておらず、特に大容量のフラッシュは高額になっています。これは性能との比較で考えるべき問題ですが、現在は大容量フラッシュを低コストで製造できる技術の研究が進められています。やがては回転式のHDDが使われなくなり、オールフラッシュストレージが当然という時代が来るかもしれません。