電子サービスの利用

ファイルサーバーとその設置について

企業などにおいては、資料を電子ファイルとして作成および保存、共有することが一般的となっている。 これらの、電子ファイルを作成した場合、一旦ローカルのパソコン上で作成するが、他の人と共有で参照したりする場合には、通常はファイルサーバーを用意することになる。ファイルサーバーに電子ファイルを格納しておくことで、複数人の人が同時にファイルを見たり、情報共有できるようになる。 これらの、ファイルサーバーを用意する場合には、これまでは自社でサーバーを購入し設置、そこにファイルを格納させることでファイルサーバーとして活用してきた。 しかし、この場合サーバーをメンテナンスするなど、維持保守が必要になる。そこで、最近ではこれらを解消するものとして、クラウドサービスが活用されている。

クラウドサービスの利用と費用について

ファイルサーバーのクラウドサービスを活用することのは、いくつかの特徴がある。まずは、自社でサーバーを用意したり、保守したりする必要がなくなるということがある。 クラウドサービスでは、それらを運用する会社がサーバーを設置し保守するため、利用者はこれらの維持管理は不要となる。 また、これらに関連し、コスト削減につなげられるということがある。クラウドサービスでは、ユーザー数や利用するサーバー容量によっても異なるが、1人あたり月数百円など低価格で利用できる。また、個人向けなどでは一定容量の利用であれば無料で利用できるものもある。 サーバーを購入し、維持管理を行っていくことには大きなコストが必要になるが、クラウドサービスの利用によりコスト削減にもつなげられる。